心のガス欠状態



「最近、心が喜ぶことや楽しいことができていない。」そう思ったら、それは予想以上に深刻なことなのです。車が走り続けるためにはガソリンが必要なように、心がいい状態で機能し続けるためには「楽しみや喜び」という燃料が必要だから。


燃料を入れるのを後回しにして毎日を過ごしていると、そのうちに心がガス欠状態になり、いろんなことにやる気が持てなくなってしまいます。最近モヤモヤする。イライラしやすくなっている。やる気が出ない、などの何となく感じるこれらの不調は、「楽しみや喜び」という、忙しい生活の中で私たちが後回しにしてしまいがちな、でもとても大切な感情を体験できていないことが原因で起きていることが多いのです。


人生は、ただ生きているだけでも色々なストレスが溜まってくるもの。とくに大きな悩ましい体験が起きていなかったとしても、ただ普通に毎日を生きているだけで、小さな心配ごとや悩みはどこからともなく発生しています。そして思考は意識的(または無意識的にも)にそのことにとらわれているのです。

もちろん、心配ごとや悩みは私たちに「問いかけ」をして、物事や状況を改善したり向上させたりするきっかけをくれています。だからイヤなものだと捉えすぎる必要はありません。でも、健康に生きるためには、日々の生活を通して楽しみや喜びをきちんと感じることがとても大切で、それができていない時間が長すぎると、ただひたすらに疲れが溜まり、ふと、「何のために生きているのだろう?」などの、重たい気分になってしまうのです。

どんなことをしたら自分が楽しくて喜びを感じられるのか。それが何かを考えて思い出して、自分のための時間を作っていきましょう。一見生産性の低いことでも、他人から見たら無駄に思えることでも構いません。自分にとっていいことをすることが重要なのです。「私が楽しいからいいの。」そう、自分に言い聞かせましょう。

今日のあなたは、大切な自分のために、何をしてあげたいですか?

#心コラム