カーメル(Carmel-by-the-Sea) *トラベル*

サンフランシスコを2時間半ほど南下したところにある海辺の街、モントレーベイのカーメルへ小旅行しました。


「旅するココロ 」


旅をすると、新しい発見があります。日常を離れて、新しい場所で「気づく」こと。

日常の中ではいろんなことが気になります。周りの人のこと、世間の常識、誰かの意見、過去や未来のこと。そんな日常から少し離れて自分を見つめてみると、新しく分かることがあり、いつもとは違った自分自身を発見する瞬間があります。人生で一番大切な人間関係は自分自身との関係だから、もっと自分を知って心地よい生き方を見つけるために、ときどき旅に出てみます。



3月からかなり真面目に自粛生活していた我が家では、泊まりがけの旅行に行くのはパンデミック以来今回が初めて。久しぶりの小旅行は、以前住んでいたこともある海辺の街、モントレーベイのカーメルへ。2泊3日の気まま旅です。



今回宿泊したカーメル(正式名称はCarmel-by-the-Sea)の街は、個性的なデザインの民家に入り混じっておしゃれなレストランやショップ、アートギャラリーが立ち並ぶアーティストの街。歴史の浅いカリフォルニアの中では、割と歴史が長い街。




カーメルの街歩きは、ストリートに面しているショップやレストランを覗くのも楽しいのですが、ちょっと込み入った、一見わかりにくい場所にある素敵なお店を探すのも楽しみのひとつ。


絵本の中にいるような気分で街歩きをしていると、「シークレットガーデン」と書かれた、こんな看板を発見したりします。


階段を進んで行くとこんな感じ。






そして、この街の民家はどれもとても個性的です。






海の景色。

私はモントレー&カーメルのビーチがとても好きで、ひんやりした風を感じながらお散歩していると、心がよ洗われるような気がしてきます。





滞在中は、さらに南下してビッグサーでハイキングをしました。





難易度の低いハイキングなので、我が家の愛犬レミィも一緒に。3年前に保護施設から引きとってきた、やんちゃな男の子です。





今回2日連続でお昼ご飯を食べに行った「Stationaery」


自分はペスカテリアン(基本的にベジタリアンときどき魚介類をいただく)なのですが、卵だけは旅行中や特別な時だけ食したりします。ここのメニューはほとんどどれも卵が使われているのですが、本当においしかったです。






モントレーといえばクラムチャウダー。サンフランシスコの名店のものよりも遥かに美味しいと思う、「Vivolo's Chowder House」のチャウダー。ここは観光地から離れたところにあるローカル向けのこじんまりしたお店で、味は間違いないです。




コロナ期間中の現在、私たちが滞在したホテルは衛生上の都合でベッドメイクやターンオーバーのサービスはありませんでしたが、ハロウィーンのに日には、ホテルのドアにお菓子がかけられていました。




久しぶりの小旅行が嬉しすぎてありがたすぎて、よく知っている土地ですが改めて、新鮮な気持ちで過ごすことができました。



そして、今回の旅では、「なぜ人は息抜きが必要なのか」「なぜときどき普段とは違う景色を見ることが大切なのか」を深く実感しました。。。もっと気軽に旅ができるようになるのは、いつごろになるのでしょう。



#旅するココロ

 

ご訪問ありがとうございます。

Hypnotic Life+は「ココロとの丁寧な付き合い方」を考えるライフスタイルブログです。読み手の方に癒しやインスピレーションを提供できるよう心を込めて取り組んでいます。

© 2020 by Hypnotic Life+

  • Instagram