人生の過渡期



変化は人生に欠かせない体験です。

進学、就職、結婚、離婚、転職、所属する組織内の変化、引っ越し、死別など、生きていれば誰もが経験する可能性のあるこのような変化は、私たちの心理に大きな影響を与えます。

人間は一般的に、生存に関わる「安全」を強く求める傾向があるので、変化の訪れには敏感に反応します。変化によって自分がそれまで所属していたシステムを失ってしまうことや、自分が確保していた安全な立ち位置が揺らぐことへの懸念が生じるからです。

ここで明確にしておきたいのは、「変化(Change)」と「過渡期(Transition)」の違いです。変化とは状況が変わってしまうこと、つまり外側で起きる出来事のことを意味しますが、過渡期は、その変化に伴って私たちが体験する心理的・内面的な状況を表します。

変化が起きら、わたしたちは過渡期(トランジション)を通して様々な心理的・内面的な体験しながら、新しい状況や環境に馴染んでいきます。過渡期は、大きく分けると下記の3つのステージに分かれています。



この表は、トランジションセオリーを提唱したWilliam Bridgeの著書「Transitions - Making sense of life’s change- 」を参考にしています。

過渡期・一つ目のステージ 「Endings(終わり)」

変化が起きるということは、何かが終わりを告げると言うこと。過渡期のまず最初に体験することは、「終わり」を受け入れるということです。自分が属していた環境・人間関係・場所・組織・社会的なステイタスなどから、自分が旅立つ時が来たという事実を受け入れることです。このような変化を目の前にすると、人はパニックになることもあります。それまで属していた「安全なシステム」を失う不安で、悲しみや怒りを感じることもあります。大きな状況の変化に対応できずに、頭の中が一杯一杯になってしまうこともあります。

たとえ変化が導いてくれる新しい状況に希望や期待を感じていたとしても、自分の人生の一つのチャプターが終わりを迎えていることは確かです。何かが終わるということは、何かを失うということ。そのことをきちんと受け止めて、自分が体験していることの「重大さ(一見そうは見えないとしても)」を自分自身で理解しておくことが大切です。失ってしまうものに対する、自分の感情的なマネージメントをしていく必要があります。これから体験することを、一つ一つ丁寧に、焦らずに行こうと決めることも助けになります。

過渡期・二つ目のステージ「ニュートラルゾーン」

このステージは過渡期の中で最も重要な段階であり、最も長い期間に渡り体験するステージです。でもその一方で、一般的には軽視してしまう傾向があるステージでもあります。なぜなら、外側からは分かりにくい、最も内面的な体験だからです。

古い状況や環境は過去のものになったけれど、だからといって新しい状況や環境も定着していない。以前の自分からは脱皮が始まっているけれど、新しい自分にもなれていない。そんな中途半端な時期なのです。

外側の状況は一変してしまった後なので、外見的には「変化」はすでに起きて完了してしまったように見えるのですが、内面的にはその変化についていけず、混乱を最も感じやすい時期です。心理的なストレスやプレッシャーから、体調を崩しやすいのもこの時期。平気だと思っていたのに倒れてしまったり、急に体に症状が現れたりすることもあり、本人は驚くこともあるかもしれません。早く変化に慣れたいのに、内面的にはなかなかそうもいかない。焦りを感じたり、迷子になったり、さまざまな心理的チャレンジがやってきます。

この時期にできることやおすすめなことは、まずは「サレンダー(降伏)」すること。今までのやり方で状況をコントロールしようとしても、うまく働かないことが多いのです。なぜなら今までと違うところへ「シフト」するために起きた変化なのだから、今までのやり方ではうまくいくわけがないのです。この時期を上手に過ごすコツは、できるだけ自分をアリとあらゆることに対して受け入れ態勢にすること。そして、それに伴うストレスについては、できる限りの「一人の時間」を作って自分軸を大事にしたり、気持ちの軌道修正やストレス発散をしていきます。

また、このステージは最も孤独で寂しい時期でもあります。変化に伴うストレスや不安は、自分にしか分からない個人的な体験です。身近な人にちゃんと理解してもらえなかったりすると、辛さが増してしまうかもしれません。その結果、人間関係や色々なことに亀裂が生まれたり、やがては大きなトラウマになってしまうことだってあります。だからできれば、このニュートラルゾーンという時期が「変化における過渡期の中でとても重要である」ということを深く理解して、自分自身に親切で丁寧に接してあげることはとても大切なのです。

この時期は孤独を大切にして、今までになく真剣に自分の将来や「これから」について思いを巡らせることに適しています。「新しい自分」を種植えするつもりで、「自分は何を求めているのだろう?」とか、「理想の状況って?」などを考えたり、アイディアを集めるのに最適な時期です。なぜなら、これまでの自分を手放して、新しい視点で世界を見始める時期だから。近い未来に、必ず新しい環境にすっかり慣れてしまった自分が振り返った時、このニュートラルゾーンこそが、今の自分を作ってくれた、自分をいい方向に導いてくれた時期だった、と感じる人も多いようです。

過渡期・最後のステージ「New Beginning (新しいはじまり)」

変化を体験するとき、私たちが一般的に想像するのはまずは「新しいはじまり」かもしれません。でも、過渡期という内面的な体験においては、「新しいはじまり」は一番最後にやってきます。終わりを受け入れ、どっちともつかない微妙は時期があり、そしてやっと新しいはじまりがやってくるのです。

このステージでは、新しい考え方が自分の中に浸透しはじめる時期です。まだ100%新しい環境や状況に慣れたわけではないけれど、過去を過去として手放し、新しい環境・状況の中で足場が整ってきた、と思えるような感覚です。ニュートラルゾーンを経て、自分はいろんなことを手放して、新しいことを受け入れて、脱皮をすすめてきました。やっとこれから、新しい環境・状況の中で本来の自分らしさを発揮して、同時に新しい考え方や視点で世界を広げていけるときなのです。このステージはゴールではなく、新しいはじまりです。このステージにたどり着いたら、変化における「過渡期」はほぼ終了を迎えていると言えるのですが、新しい環境や状況は、「今ようやく始まった」ように感じることでしょう。



変化の時期を迎えている方、または過渡期を体験中という方の何かの参考になれば幸いです。焦らずに、マイペースに進んでいきましょう。